現在、脳内の神経学者頭蓋内圧が上昇し、幼児および新生児DiacarbおよびAsparcumに処方する機能障害。どんな親が、どんな準備をしているのか、どのように働いているのか、副作用は何か、それを正しく取る方法には必ず関心があります。

「Diakarb」という薬は脳の超音波の結果に基づいて医師によって専ら任命される。特定の利尿特性を有する薬物が脳脊髄液の量を減少させることができるため、薬物を処方するための主な適応症は頭蓋内圧の上昇である。この薬の深刻な副作用には、身体からカリウムが強く浸出していることがあります。これは心臓に非常に必要です。したがって、薬「アスパルコム」には、心臓の正常な機能を回復させるマグネシウムイオンとカリウムイオンが含まれているため、2つの資金「Diakarb」と「Asparcum」が常に一緒に任命されます。

これらの薬のスキームと投薬量は、子供の体重や年齢に応じて医師によってのみ規定されています。だから、子供のための薬「Diakarb」 grubnichkovogo年齢以来任命または指名することができます。 それは他の抗けいれん薬と一緒に使用することができます。この治療法の副作用には、低カリウム血症、かゆみ、吐き気、下痢、嘔吐、重症筋無力症などがあります。しかし、通常、この薬は午前中に服用されますが、薬「アスパーク(Asparks)」は一日中使用されます。代謝性アシドーシスのリスクが高まるため、最初の薬を5日間以上使用しないでください。錠剤が活性物質「アセタゾラミド」を含有する薬剤「Diacarb」は、通常白色である。

アスパルカムはロシアの準備ですが、心筋のカリウム含量を回復させるのに役立ちます。主な活性物質はカリウムであり、薬物にも含まれるマグネシウムイオンは、カリウムの細胞への浸透を助ける。カリウムイオンは細胞内にあり、細胞間には基本的にナトリウムがあります。カリウムとナトリウムの相互作用はカリウムナトリウムポンプと呼ばれ、細胞内の浸透圧を維持します。

「アスパルカム」という薬にはマグネシウム塩が含まれています。反応に参加し、カリウムナトリウムポンプに必要なエネルギーの主要サプライヤーでもあります。マグネシウムは、細胞内の細胞間膜を介してマグネシウムイオンとカリウムイオンを移動させることによって、細胞内のカリウムのバランスを制御するのに役立ちます。そこで、これらのイオンは代謝に関与している。 「Diakarb」と「Asparka」の準備は医師の指示に従っていることを強調しておくことが重要であり、この入学許可は厳格に守らなければなりません。

カリウムは心臓の働きに不可欠ですそれは心臓のリズムを正常化させるからです。基本的に、薬Asparkamはこのリズムの違反に使用されますが、この薬は副作用があります。

薬の静脈内投与は非常に危険です過剰摂取。それによって、筋肉の衰弱、赤面、口の乾燥、血圧の低下、昏睡、麻痺、呼吸不全、心臓リズム障害が現れることがあります。過量の治療は、ナトリウム塩およびカルシウム塩の溶液の導入によって病院で行われる。

子供向けの薬「アスパルカ」は、血液中のカリウムのレベルを低下させる。この状態を低カリウム血症といいます。何らかの理由で子供が体液をたくさん失う場合には、薬物を割り当てます。低カリウム血症は下痢および嘔吐、胃および腸の先天性障害、ならびに腎臓、肝臓および副腎の疾患ならびに利尿薬の処置に伴うものであり得る。この状態は、常に緊急の医療介入を必要とする。治療におけるカリウムの主な供給源は、この薬物であり、パンガンンのような他の薬物である。

医薬品 "Diakarb"と "Asparcum"は、ほとんど常に一緒に処方され、体内でカリウムの補給が可能です。

</ p>