ほとんどの場合、企業の清算"多くの起業家が企業の絶対的な消滅。ただし、必ずしもそうではありません。完全な清算は、彼らの閉鎖を提供する。したがって、外部者に対する職務や権利の移転に関する話はありません。しかし、それは、頭と創始者の交代が排他的に行われるのは、組織の完全な清算であろうか?もちろんです。このような状況では、CEOと創業者の変化が起こり、おそらく会社の経営スタイルが変わり、その活動とさらなる発展の方向にいくつかの革新が導入されるでしょう。しかし、企業自体は存続し、成功裏に業務を実行することができます。この場合、税務調査は必要ありません。
多くの起業家にはよく質問があります会社の合併または合併が明白な清算であるかどうかについて関連するサービスを提供し、提供している法律事務所のみが提供する多くのニュアンスがあることに注意してください 仲裁における代表
会社はどの段階を清算していますか? 第一段階は、ディレクターと創設者の交代です。この後、合併または提携が行われます。組織再編の結果、会社の活動の完了に関する証明書が発行されます。その後、企業は州の登録簿から除外されます。組織はもはや存在しませんが、古い会社の職務と権利は別の法人に転送されます。会社は仕事を続けています。したがって、企業は清算されましたが、それはトレースなしで消えませんでした。税金の清算(倒産の状況を除く)の過程で、以下の書類を提出する必要があります:
- 清算バランスシート。
- アプリケーション。
- 州の義務の支払い証明書。これまでのところ、その規模は、法人組織の登録時に支払う必要がある金額の20%です。
- 法律で指定された情報を年金基金に提出することを確認する証明書。
そのような情報のリストは、連邦法に従って決定されます。
法人の統一登録簿から5日以内に企業は除外されます。これは、会社の清算が完了する場所です。