現在、製品の適合性評価ロシアの法律だけでなく、2007年10月6日に登場した関税同盟の法律に基づいて実施されています。参加国は、ロシア、ベラルーシ、カザフスタンです。

関税同盟の認証

特定の製品については、様々なシステムのための許可を得ます。関税同盟の認定は、このような事務処理、移行期間と衛生基準の間に単一の証明書または宣言の生産におけるコンプライアンスを前提としています。

すべてこれをより詳細に検討し、対応文書がどんなものであるべきかを見つけるでしょう。

サニタリー認証

税関連合レベルでの手続の導入内部の国民の代わりに、段階的に行われます。当初、衛生的監督の対象となる商品がリストされた番号299でCCCが決定しました。手続きは「税関連合の衛生証明」と命名された。

関税同盟製品認証

それを実行する権限を与えられた機関は、証明書、専門家の意見が必要です。これらの文書は、国家以前の文書の代わりに発行されています。ロシアのこれらの書類は、特別検査機関で実施された検査に基づいてRospotrebnadzorによって発行することができます。このような文書は、ロシアだけでなく、ベラルーシとカザフスタンにおいても有効である。特定の期間の有効性が確立された以前に発行された衛生疫学的結論とは異なり、これらの文書は不確定な性質を有する。

単一のコンプライアンス文書の登録証明書

この手順は、番号620のCCCの決定。税関連合の必須証明書とその承認書の登録が必要とされる製品のリストが含まれています。

関税同盟の認証機関

この手続きは必須ではないロシア、ベラルーシ、カザフスタンの商品だけでなく、他の輸入商品も対象としています。ここにある単一の証明書は、税関連合加盟国の居住企業と他国の製造業者の両方に発行することができます。同時に、単一の宣言が記入された場合、この場合の出願人は国内製造業者である可能性がある。それが輸入品の問題であれば、その申請書は、加盟国(すなわち、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン)の領土内の納税者である会社の代表によって提出され、その書類を受け取る。

タイムフレームと規制の発効

認証が行われたとき関税同盟の場合、当該文書はすべての参加国の領土において有効とみなされる。また、国内文書を入手する場合、その行為の範囲は特定の州の境界にまで狭められる。

関税同盟の技術規定

さらに、GOSTシステムの認証は最大3年間の期間があります。車両はより長い期間、すなわち5年という特徴がある。

1つまたはTSの別のTRが発効し、競技者は自分自身にとってより快適と考えるシステムを選ぶことができます。 563号の下でのCCCの決定は、税関連合の遵守に関する書類の統一書式を承認した。

関税同盟の認証センター

手技を行う特別機関国家制度によって認定されるべきである。ロシアでは、組織はその活動の分野と製品の種類を示す関連証明書を受け取るべきです。これはGOST Rの国家システムの中心であるRosstandartによって発行されています。

同じことが、検査と製品サンプルが直接実施される特別検査機関の作業にも適用されます。

関税同盟認証センター

さらに、税関の認証機関連合体、専門機関を適切な登録簿に記入する必要があります。この場合、申請者に証明書または申告書を発行できるのは前者のみです。

技術規制

この文書は、特定の施設での執行に必須の要件を設定するAct。これらは、その上のサービス、工事、運営・管理、建築物などが含まれます。彼は、「技術的規制に関する」連邦法をコーディネート。この文書によれば、他のすべての行為は現在任意である。セキュリティ(すなわち、人間の生命や健康、環境保護、動物や植物、メーカーの一部に詐欺のエネルギー効率と予防)を達成するために、最初の場所で商品に関して行われる認証たの必須のみCU技術規則は、となります。

関税同盟の強制認証

技術規則の実施における認証

技術規則が発効すると、過渡期が想定され、その間に各国の規制が徐々に税関連合の関税同盟に与えられる。

2011年には、それが開発され、2012年に50件の以上の文書を採択しました。最初の数は、小児および青年のための香水や化粧品、軽工業、玩具、個人用保護具、財のそれに関する質問に入りました。

TRが発効すると、文書を入手するための要件は有効でなくなります。その代わりに、今や税関連合の強制的な認証があります。ただし、以前に発行された有効期間が満了していない伝票は、指定された時間まで有効です。

文書の特徴

1つの証明書がレターヘッドに発行されます。少なくとも4度の保護。反対側は、書類が受領された税関連合加盟国の言語で記入されなければならない。フロントサイドはロシア語でのみ記入する必要があります。固有の証明書には、コード化規則に従って一意の番号が割り当てられます。文書を発行する国コードに必ず追加されます。

証明書が多くの情報を反映する必要がある場合(例えば、コードや必要な説明が豊富にあるなど)、アプリケーションはその文書の不可欠な部分であるドキュメントに作成されます。

宣言は、前の宣言とは異なり、標準形式。しかし、563の下にCCCの決定があり、それはそれに反映すべきすべての情報を示す。このドキュメントにアプリケーションを追加することもできます。そしてその登録はTSの国家登録簿で行われます。

文書に加えて、特別な記号があります税関連合の認証。 TR TSのすべての要件を満たしています。コンプライアンス文書が発行された場合、製造業者は公式サインを使用して製品にラベルを付ける権利を有します。

私たちは証明書を研究する

関税同盟の認証マーク

この文書には15のセクションが含まれています。それらを勉強しましょう。

  1. 最初に発行された国の略語を含む登録番号が来ます。
  2. また、システム適合マークが置かれています。
  3. 各証明書には固有の番号があります。
  4. それを発行することが認可された認証機関に関する情報は、この権利に含まれ、実装されています。
  5. また、製品またはサプライヤーの製造元に関する情報 - お客様の文書のユーザーに関する情報。
  6. いずれにしても製造元に関する情報を入力する必要があります。
  7. 製品に関する最も詳細な情報:タイプ、モデル、ブランド、それに関する行動など。
  8. HSコード。
  9. 文書から、行為をここに含めなければなりません。ISO証明書、試験報告書、火災安全証明書などの情報が含まれています。リストに加えて、関連行為のコピーは別々に添付しなければならない。
  10. さらに、証明書には、製品の有効期限、文書自体の動作、登録日、印鑑、氏名が含まれています。リーダーとエキスパートが署名します。

結論

したがって、2007年から、すなわち、日付から、関税同盟が存在する場合、製品の認定は以前とは若干異なる順序で実施され始めた。ただし、技術規則は徐々に有効になります。したがって、関心を持つすべての人は、新しい条件に適応するのに十分な機会を得ることができます。

</ p>