若者の心理学的および教育的特徴学校 - 学校の管理(通常は子の終わりに若いクラス)で設定されたという点で、必ずしも教師を描画する文書。この特性は、原則として、基本的なルール及び要件に基づいて特定のパターンで形成されています。あなたは若い先生であり、右の応答を作成する方法がわからない場合は、この記事では、あなたは確かにあなたを助ける一般的なアドバイスやヒントを見つけるでしょう。

小学生の心理学的特徴
人を開示するときにそれを忘れてはならない教師はそれを最も完全に記述して、学生の行動を分析する必要があります。特性の創始者が子供の行動の最も特徴的な事実を引き出し、根拠のないことは何も書いていないことは非常に重要です。心理学的結論における事実上の重大かつ重大な議論であり、それがなければそのような特徴付けを書くことは不可能である。

どの程度深い中学生の心理的および教育的特徴は、学生の行動の心理的基礎の定義の程度に依存する。先生は、上記の原則を考慮して、学生の行動に自分の教育的影響を推奨する必要があります。

原則として、心理学的な子供の特徴は、別の薄いノートブックまたは別紙のA4用紙に書かれています。タイトルページには、誰が記述されたのか、誰に誰が記述されたのかを示す必要があります。また、教師が子供を観察した時間と、学生の行動を分析するために使用された方法を示すことができます。文書の編集を開始する前に、教師は以前に書かれた特徴を学校管理者に尋ねて、それをサンプルとして使用することができます。

子供の心理学的特徴
子供の心理学的および教育的特徴(文章のスタイル)は、学校によって多少異なりますが、一般的に同じ項目が含まれています。私たちは、文書を作成するための指示スキームに注意を促します。

当初、学生に関する最も一般的な情報(年齢、クラス、外見)が示されています。

次に、家族の育成の条件(両親、職業)を記述し、子供を育てるための行動の簡単な説明を与えます。

特性の次の部分は、おそらく、最もボリュームのある。それは、教育、遊び、仕事の活動、および同輩や友人との学生のコミュニケーションの特徴を記述します。新しいこと、ゲーム、仕事やレジャーを学び、学ぶことに対する子供の態度に注意する必要があります。子供のコミュニケーションを説明するには、あなたのキャラクター、特に大人、同僚、お子様、さらには異性の代表とのコミュニケーションと行動のサークルを表示する必要があります。

子供の心理学的特徴のサンプル
さらに、生徒を集団授業の一員として、授業での彼の地位、評判、同級生の間の友人の数、およびそれらとのコミュニケーションの性質として記述する必要がある。

先生が説明するべき順序で彼の性格、自己認識、能力、気質。これが若い小学校の心理学的および教育的特徴であるため、注意力、知覚、記憶、思考などの心理的側面も記述されている。生徒のスピーチ、想像力、感情、感情が評価されます。

その特性の最後に、先生は行動を修正するための措置を講じる必要があるかどうか、一般的な結論を導き、子供の精神発達のレベルが年齢に対応しているかどうかを書いてください。上記のすべての機能が優れているほど、若い児童の心理的および教育的特性が良くなり、将来的には生徒とのやりとりが容易になることに注意してください。

</ p>