人々の知恵は言う: "ロシアでは、2つの病気 - 愚か者や道路。この人気のある表現に同意するかしないかは、皆の個人的な選択です。しかし、誰も、将来の良いオートバンがなければ、そのような巨大な国は単に存在することができないという事実を主張することはほとんどありません。道路、または現在彼らが連邦ルートと呼ばれているように、巨大なロシア領土をひとつの全体に統一します。

ロシアの歴史から

今日の国の既存の道路ネットワークロシア帝国の領土拡大として数世紀にわたって形成された。輸送インフラの整備は今日まで続いています。そして、臨床楽観主義者だけがその結果に満足を表明することができます。ロシアの道路の重要な部分は、国の成功した発展に必要なレベルに対応していない。

ロシアの有料道路
まず第一に、これは膨大なシベリアと極東の広がり、ここでは、以前のように、道路の代わりに、方向が優勢です。このような状況の絶望的な時代は、有料道路がロシアに導入されたときだけ現状が変わるという事実を考えるようになります。このソリューションには妥当な代替手段はほとんどありません。現在、道路工事は、主に車両の所有者全員に州によって納められた税金によって行われています。しかし、都市間高速道路のような重要なインフラ設備の建設と運営に必要な資金を適切な量で累積することはできません。

ロシアの最初の有料道路

建設のポジティブな経験現代の高速道路の開発はすでに達成されている。ロシアの有料道路は既に存在しています。首都からロストフ・ドン・ドンの都市まで、さらに北コーカサスの方へと続くのは連邦高速道路M-4「ドン」です。この高速道路は、貨物と旅客の両方の交通量が多いという特徴があります。当面は、全体で4つのプロットだけが支払われます。しかし、これは、彼らが言うように、パイロットプロジェクトです。連邦高速道路M-4「ドン」のすべての有料セクションには、初期ポイントと最終ポイントの間の交通の代替バリアントがあります。特定の道路を有料カテゴリに移転するかどうかを決定する際には、重複経路の存在が必須条件です。

連邦ルート
興味深いのは、ハイウェイM-4「ドン」を絶えず使用し、重複したルートで有料サイトを回る機会を見つけることをやめました。有料道路の選択は、時間を重視し、お金を節約する機会を増やす人々によって行われます。さらに、迂回経路は常に直接経路よりも長い。それを克服するための燃料はもっと消費され、貯蓄は非常に疑わしい。

道路網の統一

ロシア近代道路ネットワークの基礎連邦ルートを構成する。これらの高速道路は、国の首都とすべての地域行政センターを結びつけています。彼らの資金調達は、連邦予算を犠牲にして行われます。残りの道路ネットワークは、地域および地方の地位によってランク付けされています。連邦道路のシステムは、単一の国の一部の間のコミュニケーションを提供する全体的な技術基盤の重要な要素です。

トラック用ロシアの有料道路
すべての近代化と原則の革新道路建設へのアプローチは、連邦当局の決定によってのみ行うことができます。したがって、ロシアの道路での有料旅行は、連邦の高速道路に徐々に導入されるようになります。現在、ヨーロッパの一部にしか存在していません。

財務面

道路建設には重要なものが必要投資。現代の多車線高速道路のキロメートルが非常に高価であるという単純な事実には異論はない。しかし、これには、橋梁、橋梁、多段のインターチェンジ、横方向の車道と駐車場といった道路沿いのインフラストラクチャーの開発に、より多くの不可避的なコストを加えなければなりません。短期間で現代の高速道路の建設に必要な資金を見つけることは、ロシア全域の道路利用のための手数料システムの導入にのみ役立つでしょう。この場合、道路の建設は、その道路を通行するすべての人によって資金が提供されます。

気候要因

輸送の複雑さインフラストラクチャーや必要なレベルでの効率の維持は、ロシアの領土のほとんどの典型的な低気温によって大きく悪化する。

ロシアの有料道路に入る時期
大きな温度差はより多くの温暖な気候の国と比較して路面の集中的な破壊。これはロシアの道路建設コストをさらに増加させる。まず、ウラル、シベリア、極東地域に適用されます。

国家心理学の特徴のうち

まさに「支払った」というフレーズロシアの道路は「人口の大部分の鋭い否定的な反応である。自由な道路に乗るために慣れて何世紀にもわたって、それは非常に困難である人々は、地球上で最悪である支払の欠如とロシアの道路の伝統的な概念の間、非常に直接的な関係があることを納得させます。最も重要な幹線道路で通行料を導入することである - それは徐々に一般的に認められた国際基準に準拠した国の道路網をもたらす唯一のチャンスです。

ロシアの有料道路の支払い
既存の状況を根本的に変えるロシアの有料道路が良い道であるという事実のみを知ることができます。そして、世界の技術的に先進的な国々の大部分で成功している方法以外の方法はありません。もちろん、これは、ロシアの有料道路の支払いがその再建と建設に特化しているという条件でのみ可能です。そして、利害関係者の狭いグループの個人銀行口座にはない。

世界の経験

無限のロシアのすべての独自性これは、道路インフラの近代化と建設のための財源を見つける必要性に直面している世界で最初の国ではありません。そして、道路建設の世界全体の経験は、良い道路が旅行のために支払わなければならない場所のすべてに最初に存在するという完全な明確な結論を引き出すことを可能にする。

ロシアの道路での払い戻し旅行
特徴的に、この原理は同様に良好である無限のカナダとミクロの規模のイスラエルの両方で働いています。これらの非常に異なる国々では、同じ品質の高速道路です。それらの旅行は有料です。

プロセスは終了しました

ロシアの有料道路のシステムはすでに存在しています。 2015年9月11日からの連邦高速道路M-4「ドン」の4つの有料サイトに加えて、モスクワの環状道路からシェレメチェボまでのM-11ルートのセクションが支払われました。ルートの有料区間の長さは43キロです。同じ年に、サンクトペテルブルク近郊の西高速角のセクションが支払われました。 2015年11月15日にロシアのトラック用の有料道路が登場しました。この日は、大型車の分野で不可逆的なプロセスの始まりとなった。

ロシアの有料道路システム
当分の間、これは輸送にのみ適用されます重量が12トンを超える手段。ペイ・トラックのオーナーは連邦ルートを移動するだけで済みます。関税は道の1キロメートルあたり3ルーブル75 kopecksです。トラック運賃の決定は最高レベルで行われました。かなりの社会的緊張とトラック運転手の抗議行動にもかかわらず、それは取り消されなかった。路面に大きなダメージを与える重いトラックであるという事実を考慮すると、その決定は完全に正当化されます。

</ p>