宴会の非常に重要な部分結婚式 - トースト。そして、ただのゲストでさえ、彼らは床を与えることができる準備ができている必要があります。親戚や親しい友人については何を言いますか。したがって、事前にこれを準備すること、特に即興をひどく受ける人にとっては、これを準備する方が良いです。

トーストは短い飲み会話ですが、これは祝賀会の加害者の希望を反映しています。ここでの主な条件の1つは、簡潔さと簡潔さです。さらに、それらは楽しくて気分が良いことが望ましい。次のことができ、もちろん、準備ができて使用したい - インターネット上で、印刷出版物に豊富に見つけることができます。オリジナリティ - 彼らは別の重要な品質を持つことになり、その場合には、結婚式を自分で乾杯作るしかし、それほど難しいことではありません。

偉大な人々の言葉の集まりがありますこれは家族や結婚に捧げられたかなりのフレーズです。あなたは適切なものを選んでそれを使ってスピーチを始めることができます。そのようなフレーズは、たとえ冗談のように言われても、(イベントに関して)負の色を持つべきではありません。

彼のスピーチは、 "One greatあなたはこの格言は、彼が独立して本で読んでいない、作家の作品に見られるような印象を提示した場合このように、それは良いです。「...言った(または類似したもの)。すべての最適性、著者の引用符は、ほとんどの存在には知られている場合には、それ以外の場合は、「...そしてのは、それに飲みましょう」格言が発声した後、これは、主に結婚式の乾杯は、この:.ように構築している者に説明する必要があるか、伝統の最後に「私は...乾杯を提案します」。 "ビター!"を追加しました。

例えば、「スピノザは、理解は同意の始まりだと言いました。若者たちがお互いに理解し合い、調和と幸せに生きることを願っています。それは苦いです! "

スピーチは必ずむしろ簡潔で理解しやすい。なぜならそうでなければ誰かがそれを感謝するとは思わないからである。フレーズは、それらを構築するために明るく論理的に正しく選択されるべきです。たとえば、次のようなトーストが例として挙げられます。「妻はかつて夫に尋ねました。「あなたはどの女性があなたを最高の、スマートで美しいものにしていますか?」 「それらと他の人の両方、私はあなたを私の妻として選んだのです」私たちが見ているように、そして新郎新婦は素晴らしい味を持っています。彼は同時にスマートで美しい人を選んだのです。だから、お祝いの犯人、私たちの花嫁のために眼鏡を上げてみましょう。

多くの場合、結婚式では、詩または散文で、ペアごとに、または両方の新婚夫人のために同時に別々にすることができます。これらの漫画の指示は、スクロールの形で作成することができ、若者に与えられます。

面白い結婚式のトーストは、あなたが作成することができますお祝いの雰囲気だけでなく、誰もが応援しています。 (すでに述べたように)彼らには基本的な要件があります。ユーモアは、新婚家の気持ちや将来の家庭生活を傷つけてはいけません。このようなトーストは、韻文の形で発音されることが多く、スピーカーの準備と創造性を示すことができます。

結婚式の証人やガールフレンドは非常に重要です後者はこのイベントの中心的な俳優の1人です。いくつかのフレーズで圧倒的な感情や感情を伝えるのは難しいですが、先に試して考えてみる価値があります。たとえば、次のようなトーストが出てくるかもしれません。「ある偉大な哲学者は、結婚の主な利点は、あなたがいつもあなたの半分にゲストをリダイレクトできるということです。あなたの結婚の唯一の美徳ではないという事実を飲みましょう。家のゲストは待望されていました。家族の人生は、子供たちのために騒々しい騒音で満たされています。それは苦いです!

結婚式のトースト、詩で策定フォームは、夕方に余分な厳粛さを与えるでしょう。ゲストが独立して作成できる場合は、そうすることをお勧めします。この場合、インターネットソースまたは印刷物からの準備されたフレーズが既に存在する人によって話されている場合、トラップされる危険はありません。

音声の主題は、将来の人生から何でもよい配偶者の個人的な性質と美徳への配慮。新郎新婦が肯定的な立場に立っていた人生を例に挙げることができます。これはさらに、お祝いの加害者のメリットを強調するでしょう。

したがって、元のトーストはちょっと想像力、創造性と少し時間を必要とします。結果は若者の感謝とすべての存在の気分です。

</ p>