物質の定性的および定量的組成を考慮する。有機および無機起源の化合物の特徴を定義する。

物質の定性的および定量的組成

物質の質的構成を示すもの

彼は分析される分子中の原子の種類を実証している。例えば、水は水素と酸素によって形成される。

酸化ナトリウムの分子は、ナトリウムおよび酸素原子を含む。硫酸には、水素、酸素、硫黄が含まれています。

以下の物質の定性的および定量的組成を記述する

組成が何を定量化するか

それは、複雑な物質内の各元素の量的な内容を示しています。

例えば、水には水素原子2個と酸素原子1個がある。硫酸は2つの水素、1つの硫黄原子、4つの酸素からなる。

オルトリン酸の組成には、3つの水素原子、1つのリン、4つの酸素原子がある。

物質の定性的および定量的組成は、有機物質中にも見出される。例えば、メタンは1個の炭素と4個の水素を含む。

物質h2sの定性的および定量的組成

物質の組成を決定する方法

物質の定性的および定量的組成化学的に決定することができる。例えば、化合物の分子が分解されると、より単純な組成のいくつかの分子が形成される。したがって、カルシウム、炭素、4つの酸素原子からなる炭酸カルシウムを加熱すると、カルシウムと炭素の2つの酸化物が得られる。

化学的分解の過程で形成される複雑な物質および化合物は、物質の異なる定性的および定量的組成を有することができる。

単純および複雑な化合物は、分子化合物および非分子化合物であり得る。

最初のグループは異なる集約状態にあります。例えば、糖は固体であり、水は液体であり、酸素は気体である。

標準的な条件下での非分子構造の化合物は、固体形態である。これらには塩が含まれる。加熱の過程で、それらは溶融し、固体から液体の形態になる。

物質h2sの定性的および定量的組成を記述する

組成決定の例

「定性的および定量的組成を記述する以下の物質:硫黄酸化物(4)、硫黄酸化物(6)」。この作業は無機化学の学科では一般的です。それに対処するためには、最初に価数または酸化度を用いて、提案された化合物の式を定式化することが必要である。

両方の提案された酸化物には、したがって、同じ化学元素は、その定性的組成が同じです。これらは、硫黄および酸素の原子を含む。しかし、量的関係では、結果は異なります。

第1の化合物は2個の酸素原子を含み、第2の化合物は6個の酸素原子を含む。

我々は次の作業を実行する: "H2S物質の定性的および定量的組成を記述する"。

硫化水素分子は硫黄原子と2つの水素。 H2S物質の定性的および定量的組成は、その化学的性質を予見することを可能にする。組成物中に水素カチオンが存在するので、硫化水素は酸化特性を示すことができる。例えば、これらの特性は、活性金属との相互作用において現れる。

定性的および定量的情報その物質の組成は有機化合物にも関係する。例えば、炭化水素分子中の成分の量的な量を知ることで、特定の種類の物質に属する成分を決定することができます。

このような情報は、その特定の特性を明らかにするために、分析される炭化水素の化学的および物理的特性を予測することを可能にする。

例えば、組成が4つの原子を有することを知るとそして10個の炭素水素はクラス限界(飽和)一般式SpN2p + 2を有する炭化水素に属するこの物質を結論付けることができます。同族列の全てのメンバーのための典型的なラジカル機構による置換反応、ならびに空気酸化です。

結論

あらゆる無機および有機物一定の定量的および定性的な組成を有する。この情報は、分析される無機化合物の物理的および化学的特性を確立するために必要であり、有機物については、そのクラスに属することを確立して、特性および特定の化学的特性を明らかにすることができる。

</ p>