東と西では、多くのヘビに関連する伝説。この爬虫類の最初の画像は、その言葉そのものが生まれたよりずっと前に現れたことが知られています。そして、すべての伝説はお互いに矛盾しています。どこかのヘビは友人で、どこかでは最悪の敵と殺人者です。多くの神話は死と再生の象徴と同時にそれを表しています。そしてインドでは、太陽から覆われた仏陀を覆うコブラについての伝説があります。彼女はヒンドゥー教の神聖な動物です。一般的に、ヘビは知恵、肥沃度、女性性の象徴とみなされています。

ヘビの入れ墨の価値

ヘビの入れ墨の価値

このようなパターンが適切であることは注目に値する。女の子、そして男の子。 Aはその兆候すべてにおいて蛇の力を象徴しています。ところで、それは西から行った。爬虫類は女性の力と喜びの象徴と考えられていました。だから彼女のタトゥーはアダムとイブの描写と組み合わせてとても人気があります。しかし、この図面についてとても魅力的なのは何ですか?すべてがシンプルです - ヘビはあらゆるプロットと組み合わせることができます。しかし、このタトゥーだけが、図のすべての曲線を最も好都合に強調することができます。腕の蛇の入れ墨は、身体の他の部分と同じ意味を持ちます。しかし、どのようにセクシーで信じられないほど効果的に見える!たぶん女性はこの種の絵を好むことが多いからかもしれません。

ヘビの入れ墨

入れ墨の値は何ですか:ヘビ

爬虫類が描かれている姿が見える非常に現実的です。つまり、ヘビの入れ墨は、その本質全体を反映するでしょう。かなり頻繁に、あなたはコブラを見て、所有者の体を掘り起こそうとします。ちなみに、この絵はヘビが肉でボテツィヤになるととても印象的です。女性にとって、爬虫類の理想的なイメージは、脊椎に沿ったイメージです。動きや踊りの間に、動物は屈曲して動いているように見えます。しかし、一つのことは確かです。どのような変種であっても、ヘビが描かれていても、それは常に知恵、強さ、情熱の象徴となります。

刑務所の入れ墨の意味:ヘビ

捕虜の中には、様々な動物を描いた入れ墨が非常に人気があります。しかし、独り立っているのは、いわゆる爬虫類が這うということです。

刑務所の蛇の入れ墨の価値
そのような図面は補足として示されているメインのネクタイに。犯罪者の階級にあるヘビ入れ墨の価値も非常にあいまいです。例えば、法律の泥棒にとっては、爬虫類はしばしば頭蓋骨の目の穴から這い上がったり、爬虫類の周りに羽を包みます。クラウンにはヘビ、歯にはリンゴを描いたタトゥーを見ることができますが、それは誰かの骨格の周りを包み込んでいます。これは、警察に協力してはならないことを意味します。泥棒は大きな罪を負うことはできません。しかし、蛇の入れ墨には、バーの後ろでも、平和な生活でも、オーナーにはあまり好印象を持たない価値があります。たとえば、美しいボディを包むヘビは、その所有者がキャンプの底に属していただけでなく、気持ちの良いつながりも持たなかったことを意味します。

結果をまとめましょう

だから、ヘビのタトゥーの価値は様々です。 しかし、それらはすべて1つに沸騰する - 非常に楽しい外見にもかかわらず、それは賢明でエレガントな動物であり、すべての生物に対して莫大な力を持っています。そういうわけで、タトゥーは体にヘビを描くことを決める者は、その性質のすべて、あるいはその少なくとも一部を所有しなければなりません。

</ p>