夏が来ると、それは休息の時間です最も重要な女の子の一つは、日中どのくらいの日光浴の問題になり、また、この美しい均一な日焼けを可能な限り長く保つことです。太陽の下で日光浴の基本的なルールを知っていれば、あなたの肌を傷つけず、美しく見せてください。

太陽の下ですぐに日光浴する方法
日焼けの時間

リラックスするのに最適な時間を選択した場合太陽の下で日光浴することは有害であるかどうかの問題は、それだけで消えてしまいます。日焼け止め、紫外線からの保護 - これは健康な日焼けに必要なすべてです。事実、天頂に位置する太陽は特に深刻な線量を地球に送り、朝(11時前)と夜(16時以降)にはこの線量ははるかに少ないので、無害です。だから、昼食時ではなく、ビーチに出ようとする。さらに、太陽の下での日焼け方法を考えると、多くの人が長い時間ビーチに座ることに決めました。あなたはそれをすることはできません - 休憩なしに2時間以上日光浴を取る方が良いです。日光浴をしていて、太陽の下で横たわっていても、南の太陽の中で10分、中間のバンドで約20分です。

太陽の下で日光浴する方法
日焼け止めの手段

すぐに日焼けする方法を考える太陽、日焼け止めをあきらめないでください。特別なクリームやローションは日焼けを防ぐものではありませんが、逆に放射線や火傷から皮膚を保護します。彼らの助けを借りれば、皮膚の老化を予防し、がんのリスクを減らすことができます。まばゆい肌にはSPF 20または30で十分なクリームがありますが、スノーホワイトはSPF 50で最大限の保護が必要です。日焼け止めを適切に選択し、定期的に使用することは、美しい日焼けの必須条件の1つです。

日焼け領域

迅速かつ均等に日焼けさせるために、必ずしも必要ではない日差しの中に位置すること。熱帯の国では、あなたも傘や屋根の日陰で肌のトーンを変更することができ、それが優れている最初の時間は、半影に残ります。すぐに太陽の下で日焼けを得るためにどのように最善の方法を見つけようと、髪が日焼けを好きではないことを忘れないでください。彼らはパナマやスカーフで保護する必要があります。歩行中の眼はサングラスで保護する必要があります。快適な長椅子選択、読書に興味がないか、お昼寝前にリラックス - あなたが時間の経過を失うので、全体の休暇上の問題はすぐに太陽の下で日焼けを取得するには、どのように日焼けに対処する方法ではなくなります。

太陽の下で日光浴することは有害ですか?
日焼けのための肌の種類

美容師は、日焼けの成功が特定のタイプの肌から、あなたは太陽の下ですぐに日光浴をする方法について考えることができますが、暗くなる最初のタイプの肌の所有者は遅く、そうでなければやけどをすることができます。最初のタイプ - 明るい赤い髪、明るい目、乳白色の肌の女の子。 2番目のタイプは茶色または赤色で、茶色と灰色の目、3番目の茶色の髪、4番目の茶色の髪の毛と黒っぽい女の子です。あなたが4番目のタイプに近づくほど、より安全で素早く日光浴をします。いずれにせよ、上記のルールをすべて守り、日光の有害な影響から身を守ること。その後、あなたの日焼けは美しく滑らかになり、休暇は、火傷の不快感ではなく、心地よい瞬間によってのみ記憶されます。

</ p>