古くから、人々は入れ墨を作って彼らの周りの人々に、自分自身についての重要な情報を伝えます:彼らが属している部族、彼らが社会でどのような地位を占めているか。中世のいくつかのヨーロッパの文化では、逆に身体の姿が許されないと考えられていました。

私たちの日々の入れ墨

現在、世界中の何百万人もの人々タトゥーで自分自身を満たす。自分の体は「キャンバス」なので、全体像を作ることができるため、これは自己表現の方法です。誰かが隠された意味を持ち、一人にしか理解できない入れ墨をします。これは、さまざまなオブジェクト、図形または象形文字の複雑な画像にすることができます。

入れ墨を埋める場所

タトゥーを埋めるために今は何もしません問題:タトゥーパーラーはほとんどあらゆる場所にあり、一部のマスターは最低価格でサービスを販売しているため、迅速な結果が期待できます。光が電気タトゥーマシンを見た後、あなたの体を飾る機会は、さらにアクセスしやすくなりました。

タトゥーを作成するプロセスは、苦痛ではないと言っても過言ではありません。しかし、それをやめる人はほとんどいません。

原則として、タトゥーは意図的なステップですが、成人期に人物がコミットするか、または図面の重要性を完全に認識している人物。入れ墨として使用されるシンボル、象形文字、画像は、深い意味を持ち、人の運命に影響します。

サルの入れ墨。意味

モンキータトゥー

モンキータトゥーは非常にまれな画像ですが、人は入れ墨として選ぶ。これは、動物の実行された図面の仕方やスタイルが入れ墨の意味とその人生のさらなる生活への影響を決定するという事実によって説明される。さらに、さまざまな解釈は、この問題に関して独自の、時には矛盾する意見を持っている多数の宗教や文化のためです。

例えば、西洋では、猿のタトゥーが象徴している罪、詐欺、狡猾な、欺瞞。知恵、注意と良い思い出の象徴 - 対照的に、東の人々は猿そのしっかりと確信しています。この意見は、古代エジプト人によって共有されています。

タトゥー猿の意味

サルの入れ墨に対する最も否定的な態度は、キリスト教の信者。彼らの意見では、動物は人間のすべての最悪の性質を吸収した:虚栄心、欲望、刺青、傲慢、欺瞞、怠惰。彼らのために、猿は精神的および道徳的な性質の損失の最も鮮明な例です。

チベットの人々は、それが人間の祖先であると主張している。日本では動物が子供を守るとの意見があります。したがって、知恵と注意を表す3匹のサルのイメージは知られています。

サルのタトゥーのマヤの意見が分かれました。誰かがこの動物を神聖なものとみなし、それを崇拝しました。誰かが彼の中に、詐欺、裏切り、悪の具現を見た。

多くの場合、猿でタトゥーを作成する人は、皮肉で陰性のすべての性質を露出しながら、画像を似顔絵にします。

モンキータトゥー。写真

モンキータトゥー写真

サルの入れ墨の明確な解釈はないと結論づけることができる。それはすべて、イメージのスタイル、パフォーマンスのスキル、動物の構成と外観に依存します。

</ p>