今日は、粉砕機を作る方法について話します"Meincraft"の中で。私たちは、修正と追加を結びつけることによって、私たちのキャラクターの習慣的能力を広げることができます。そのような決定のおかげで、優先順位が変わり、新しいスキームと材料が現れます。例えば、Industrial Craft 2の変更では、クラッシャーを構築するために、設定されたタスクを解決することができます。

アドオンについて

maynkraftでクラッシャーを作る方法

産業工作2の出現が完全に変わったミネクラフトの世界。それがなければ、メインクラフトでクラッシャーを粉砕する方法を決めることはできません。この変更では、新しいタイプのブロック、ツール、およびオブジェクトを作成することが可能になりました。さらに、デバイスとメカニズムの操作に必要なエネルギーが追加されました。トランスミッションを提供する様々なタイプのワイヤーと、発電機およびバッテリーがあります。

生産性にとって最も重要なものの1つにデバイスの産業的現実における活動は、粉砕機に起因する可能性がある。この装置は、様々な材料を粉塵に粉砕するために設計されています。多くのスキームでは、この最も単純な物質の異なるタイプが必要です。粉砕機はこの成分の唯一の供給源であることに注意してください。それをデザインしましょう。

作成する

粉砕機の作り方の問題を解決するには"Maynkraft"では、まずこのデバイスのレシピの構成部分を収集する必要があります。これには、電気回路、機構、2つの石畳、3つのフリントユニットが必要です。

まず、最も重要なコンポーネント新しい現実に現れた多くのスキーム。それはメカニズムに関するものです。この要素は中間です。つまり、ある機能を単独で実行することはできません。それを作るために、我々は硬化鉄の8インゴットが必要です。

コンポーネント

maincraftでクラッシャーを作る方法

焼き入れされた鉄は、所与の金属の通常のインゴットの炉。そのような要素は、多くの "産業"レシピに必要です。我々は、硬化鉄を過剰に貯蔵する。この要素の8つのインゴットをワークベンチウィンドウに配置し、中央のセルだけを空けたままにして機構を構築します。

もう一つの必要な中間成分は、マイクロ回路である。それを作成するには、硬化鉄(インゴット1個)、赤い粉塵(2個)、絶縁銅線(6個)が必要です。

今私たちは地面の下にいます。あなたはゲーム用の新しいリソースを取得する必要があります。

そこで、Maincrafterでクラッシャーを作る方法とそれに必要なものを見つけました。ご注意いただきありがとうございます。

</ p>