最近、私たちの国の何百万人もの市民が困ったことに、住宅ローンに言及したときに額がしわになった。それは何ですか?それは何を食べますか?どの銀行で住宅ローンを取ってリスクを取るか、「冒険」に参加する方が良いでしょうか?または、あなたが逃げ出すことのできない借金の穴に追い込まれる危険はありますか?そして、これは何年も多くの人が待っている可能性がありますか?今では住宅ローンについて言及すると、熱心な議論は特定のプログラムを支持する膨大な議論から始まります。どの銀行が抵当権を取る方が良いですか?低金利はどこですか?さて、今日の住宅ローンでマンションの購入は、モスクワの不動産は非常に高価であるとして、最良の選択肢だった、とだけ家をこのように購入することができます。もちろん、あなたはオリガルではありません。その後、住宅ローンの人気はサンクトペテルブルグに広がり、そこから小規模な地域に広がった。質問の人気の到着後妥当である:「住宅ローンを取得するにはどの銀行?」実績のあるSberbankでは?それとも、「若い」機関に適用することが良いですか?

どの銀行が住宅ローンを取るのが良いですか

どの銀行が抵当権を取る方が良いですか?

当然のことながら、解決策を決定した後で、慎重にローンプログラムを提供する銀行を選択してください。もちろん、Sberbankの住宅ローンはより便利で最良の選択ですが、それを得るためには、多くの条件を満たし、銀行の経営陣が潜在的な借り手に与える膨大な数の要件を満たす必要があります。これは驚くべきことではありません。なぜなら、Sberbankでは最低金利と最も有利なローン条件があるからです。

どの銀行が住宅ローンを取るのが良いですか
あなたが住宅ローンを受け取ることができない場合Sberbank、絶望しないでください!友人に "どの銀行が住宅ローンを取る方が良い"という質問をしてください。結局のところ、DeltaCreditやRaiffeisenbankのような住宅ローンのサメもあります。彼らは金利が高いが、そのような長いリストの要件はない。現時点では、セカンダリハウジングの購入のためのモーゲージと新築の住宅のアパートの購入のためのローンの2種類があります。
住宅ローンを取る銀行

住宅ローンのいくつかのニュアンス

当初の手数料は忘れてはいけません。これはすべての銀行組織が例外なく必要とするものです。それほど前には、それは約30%であり、これは通常のロシア市民にとってはほとんど不可能でした。さらに、あなたがこの図に月々の関心を高めた場合、その絵は悪いことが判明しました。幸いにも、この数字は減少し、これは住宅ローン貸付の人気の増加に影響を与えた。住宅ローンの最低期間は3年、最大期間は30年に達することができます。今では貸出条件を提供する銀行がたくさんあるので、アパートを買うことは洗濯機を買うほど真実になります。だから、躊躇しないで、友人や友人に尋ねてみてください:「どの銀行で住宅ローンを取る方がいいですか?」。多種多様なクレジットプログラムから、あなたに最も適したクレジットプログラムを見つけることができます。

</ p>