ほぼすべての企業に固定資産(OS)があります。彼らは摩耗する財産を持っています。 PBUの規則の下では、OSの会計処理が維持され、償却が請求されます。

償却プレミアムは

減価償却費

これは OSの磨耗を回復させるための量。それらは流通または生産のコストに含まれています。

減価償却費は 当該施設及び基準の帳簿価額に基づいて算定された金額。ノルムは、OSの磨耗した部分のコストの年間パーセント補償です。

プロパティグループ

それらは、オブジェクトの有用な活用の持続時間に依存して形成される:

  • グループI - 1-2歳;
  • II - 2-3;
  • III - 3-5歳;
  • IV-5-7;
  • Vは7-10であり;
  • VI-10-15;
  • VII~15-20;
  • VIII-20-25;
  • IX-25-30;
  • X - 30年以上。

固定資産の減価償却費はいくらですか?

法律では、この用語は開示されていません。しかし、会計士やエコノミストは、その活動にかなり積極的にその概念を適用する。

納税者は、費用に、報告期間(課税体制に応じて)、OSへの設備投資のコスト、すなわち企業が一度に認識できるコストである。そのような「特権」は 償却プレミアム。充電 施設の完成、再建、近代化など、生産することができる。

制限事項

それらのいくつかがあります。

まず、 償却プレミアムの適用 無償で受け取った物体に関しては不可能です。対応するルールは、税コードの記事の9ポイント258を設定します。

第二に、それはインストールされています 最大減価償却費。 III及びVIII-X群に属するOSは、それは、10%である一方、他のオブジェクトの(III-VII C。) - 30%(以前は10%)。

これらの指標は、作成、部分的清算、取得、追加機器、技術的再建などに使用されます。

償却プレミアムの適用

回復

これは、OSの試運転の日から5年が経過する前の実装時に生成されます。回復 減価償却費は、 簡単な言葉で、その金額を収入に含めること。対応する要件は、パラグラフに記載されています。記事NKの4 9節258。

任意の費用の10%と30%の合計は、回収の対象となります。他の処分方法については、この手続きは提供されていません。

経過措置

NCの第258条の新版は2009年に発効した。

パラグラフに従って。 コード第2条第272条第272条第2項第272条第2項第272条第2項第272条第2項第272条第2項第272条第2項第272条第2項第272条第2項第272条第1項

このことから、取得/作成するとき2008年12月以来稼動している資金には30%のプレミアムが適用されます。また、再建の場合やその他の場合には、税法第25条第25条で定められていますが、アップグレードされた施設の初期価格は1月1日以降に変更されます。 2009年

ただし、第10条第10項の規定に基づき記事FZ番号224、アートの新版の規定。 2008年1月以降に導入された固定資産に適用する必要があります。したがって、会計士には、2008年に取得し委託した対象が同年であった場合に減価償却益を損益に計上すべきかという疑問がありました。

まず財務省は、保険料を元に戻す必要があると説明した。しかし、後に異なる意見が表明された。その結果、以下の地位が採択された。

新たに発効する前に実施された場合2008年に取得した資産のプレミアム(すなわち、2009年1月1日より前)の義務的回復に関する規定。支払人は金額を所得に含めてはならない。この結論は税法第5条第2項に基づいて策定されたもので、新たな義務を固めたり、事業体の立場を悪化させたりする税金や手数料に関する法律は遡及的ではない。

2008年1月1日以降に2008年1月1日に運転された不動産の売却の場合、減価償却費を回復しなければならないと言わざるを得ない。

減価償却賞与転記

実用的なアプリケーション

支払人は、減価償却の方法に関係なく、プレミアムを適用することができます。

線形方法を使用する場合、オブジェクトの初期コストは 減価償却費これ 原価は、税務会計における月次減価償却費の計算の基礎として使用されます。

会社が非線形の方法を使用している場合、試運転後のOSは適切なグループ(サブグループ)に(初期費用で、プレミアムで減額されて)含まれます。

例:

わかりやすくするため、JSC "Ivan"という条件付きの会社を選びます。ベースラインデータは以下の通りです。

  • 減価償却は、非線形方法で行われます。
  • OS III-VII grに関しては、 30%のプレミアムが適用されます。
  • 2016年8月、同社は第7グループに含まれる設備を購入し、稼働させた。 OSの初期コスト - 100万p。

今過ごす 減価償却費の計算。 9ヶ月の結果によると。 2016年の会社の会計士は、コスト構造の以下の金額を考慮に入れます:

100万r。 ×30%= 300千p。

残りの設備費(1百万ルーブル~30万ルーブル= 70万ルーブル)は、2016年9月1日からVIIグループの総残高に含めるべきである。

財政政策にプレミアムを使用するという事実を反映する必要がありますか?

税務当局と金融業者は、企業が「特権」を適用する場合、会計方針に統合する必要があると考えています。対応する結論は、財務省とFMSの書簡に記載されている。

仲裁廷は別の地位を占めています。特に、企業は、 減価償却費とこれ 会計方針の事実は修正されません。

弁護士は、IFTSとの衝突を避けるために、「便益」の使用に関する決定を反映することを推奨します。

税務会計における減価償却費

使用の結果

会計では使用できません 減価償却費税務会計、それぞれの金額の計算の開始の月に物体の摩耗時に、より大きな費用が形成される。口座間に一時的な課税上の差異があります。それはITO(繰延税金負債)につながる。

減価償却額の計算の第2月から税金費用は会計より少なくなります。これは、プレミアムを考慮せずに計算を過去の費用で実行するため、毎月の減価償却額が増加するためです。

したがって、2ヶ月目以降、一時差異は減少し、ITは払い戻されます。

反射の特徴

検討する 減価償却費による配線。条件付き企業のLLC "Antey"を取る。ベースラインデータは以下の通りです。

  • 2016年3月、当社はグループIIIに含まれる固定資産を取得し、委託した。
  • オブジェクトのコストは100万ルーブルです。 (付加価値税なし)。
  • 有用な操作の持続時間 - 60ヶ月。 (5年)。
  • 企業のコストと収入は、発生主義の方法によって決定されます。
  • OS III-VIIグループの税務会計では、30%のプレミアムが適用されます。
  • 減価償却は、リニア方式、税金および会計処理によって行われます。

2016年3月、会計士はメモを取ります:

  • Db sch 08 subs。 "OSの獲得" Cd cq。 60 - 1 200 000 - 固定資産の購入が考慮された。
  • Db sch 01 subs。 "独自のOS" Cd cq。 08 subs。 「固定資産の取得」は120万ドルで、固定資産の委託を反映しています。

減価償却費の会計処理 4月に生産される予定です。税金計算には36万ルーブルの金額が反映されます。 (1万200万ルーブル、X 30%)。毎月の減価償却は以下の通りです。

(1万200,000ルーブル - 360千ルーブル)/ 60ヶ月。 = 14000ルーブル/月。

税務会計における4月の最終的な費用は次のとおりです。

360千r。 + 14000ルーブル。 = 374千p。

口座間には一時的な差異があります。それは:

374万ルーブル。 - 2万ルーブル。 = 35万ルーブル。

彼女はまた、ITの登場につながります。

354万ルーブル。 ×20%= 70,800。

4月の転記は次のとおりです。

  • Db sch 20 Kd Sch。 02 - 2万ルーブル。 - OSの減価償却を反映。
  • Db sch 68 subs。 "所得税の計算" KD cq。 77〜70 800 p。 - ITが考慮されます。

5月以降、数ヶ月にわたって会計上のオブジェクト消費の有益な操作の期間はより多くなります(2万ルーブル> 14000ルーブル)。言い換えれば、一時的に6000ルーブルの差額が返済されることになります。従って、ITは1200pだけ減少する。 (6000ルーブル×20%)。

減価償却費の計算

配線は次のようにする必要があります。

  • Db sch 20 Kd Sch。 02 - 2万ルーブル。 - 減価償却は、OS上で発生した。
  • Db sch 77 K cf。 68 subst "所得税の計算" - 1200 p。 - ITの部分的な返済が考慮された。

賞の修復に伴う困難

事実のために会計士の質問が発生するそれはどちらもパーです。第NK条第4項第258条および本規範第25章の他の規範においても、保険料を回復する必要があるときは、その使用またはOSの実施期間中は言いません。

サブの規定によると。 5 p。 4,271件の記事、復元された準備金とその他の類似の収入の合計の形態の領収書は、実際に復元された税(報告)期間の最終日に反映されるべきです。財務省は、減価償却費控除額は同額に基づく費用で考慮されると説明した。 2 9点の芸術。 258 NK、OSが実装された期間にデータベースに含まれています。

会計士は、以下の質問にも興味があります。 収入に保険料を含めると、実際にはこの金額を失っており、原価の10%または30%の費用を考慮に入れられないことを示していますか?プレミアムを回復した支払人は、同じ金額の資金の売却による収入を減らすことができますか?

財務省は、企業が過去の期間に販売された対象物の減価償却額およびその残存費用を再計算する権利を有する。これに関連して、税法第268条第1項の規定により、この財産の売却収入は、残存価値によってのみ減額することができる。

したがって、回収された減価償却累計額は、回収期間中またはそれ以降の期間の費用構成には反映されない。

一方、一部の専門家によると、この省庁の立場は議論の余地があると考えることができる。これは以下の理由によるものです。

減価償却費の会計処理

法律は明示的に禁止していませんプレミアムの額を費用に再含める。サブに示されているように。減価償却対象物を売却する場合、損益は残存価額によって減額される。これは、初期価格と運用中に発生する減価償却額との差異を表しています。

初期費用の構成には、取得、建設、出荷、製造、使用可能な状態にするコストが含まれます。

次に、parを参照してください。 記事NKの3 9節258。固定資産は当初の費用で(グループごとに)10%または30%を引いた額で当グループに適用されている。これらの金額は課税期間の費用に含まれています。

ニュアンス

上記のように言わなければならないこの処方は、固定資産オブジェクトの当初の価格の価値の低下を直接的には意味しない。これは、その後の不動産償却のための費用を含める部分に限度を定めているだけである。

また、それはパーセンテージです原価は請求されます。オブジェクトの導入時点では、これらの金額は回収される可能性があります。したがって、OSを販売し、所得に保険料の額を含めると、プレミアムが適用されなかったかのように計算されたオブジェクトの残価の売却による利益を減らすことができる。

締め切りの問題

パラグラフで述べたように、 記事NKの4 9ポイント258、試運転の日から5年が経過する前に、OSの実施におけるプレミアムを元に戻す必要があります。会計士は、減価償却が売却日までに完全に回収された場合、I-IIIグループに含まれる不動産の要件を遵守する必要があるかどうかに関心がありますか?

正式には、同社は本規範の要件に従わなければならないため、この規範の要件を遵守しなければならない。

財務省は、2009年1月1日から、対象の実施時に損耗が補償されているかどうかにかかわらず、保険料は回復されるべきだと説明した。

一方、収入に金額を含めることで、このプレミアムの価値に対する当該財産の残存価値。サブのルールに従って。商品NKの最初の段落268の1、あなたは販売からの利益を減らすことができます。ただし、税務当局は、かかる取引に関連して組織に請求することがあります。

5年前の残存価格設定:例

次のベースラインデータを取得します。

  • オブジェクトの初期費用は3万ルーブルです。
  • 設備投資の費用は、OSのコミッショニング期間(10%)に反映されます。
  • 売却日までの償却額 - 7000ルーブル。

計算は次のようになります。

  • 初期費用= 3万ルーブル。 -3千r。 = 27千p。
  • 残存価格= 27000ルーブル。 - 7000ルーブル。 = 20千p。

ただし、上記を考慮すると、税法の規定に基づいて、残存価値は大きくなります。

30,000 r。 - 7000ルーブル。 = 23千p。

さらに、OSが25,000の価格で販売されたと仮定する。この場合、支払人の収入は次のようになります。

  • 25,000 r。 - 2万ルーブル。 = 5千p。 (財務省の立場による)。
  • 25,000 r。 - 23000ルーブル。 = 2,000 p。 (法律の規範を考慮して)。

結論

このような販売されているオブジェクトの残存価値その初期価格(保険料を控除しない費用)と残存価値(保険料なしの減価償却額)との差として計算することができる。

固定資産の減価償却費はいくらですか?

このアプローチは、資産の売却による支払人の収入の決定に使用することが推奨されます。しかし、この場合、連邦税務検査官の請求が可能です。

</ p>