財産権の概念と内容 理解するのが難しい(他の団体から保護されている)としての市民権の制度においてそれを考慮し、その所有者に実質的権利の目的を経済的に所有するためのかなり広い権限を与える場合。

財産権の重要な特性の1つは、それが考慮されることです 主観的法則。特定の権限を与えられた人に、法律の規定にしたがって、法の対象として行動する機会をある種の方法で付与します。

所有権は、第三者が所有者とその財産の関係を妨害してはならない義務に対応し、所有者が権利を行使することを妨げるものではありません。

財産権の概念と内容この権利が拡大する財産の使用の性質を決定し、それに対する経済的支配を行使し、他人が自分の裁量でそれを使用することを可能にする権利を、権利者に付与する。

財産権の概念と内容右所有者が自分の財産を使用し処分する可能性を意味し、自分の所有する財産との利益に応じて、保守のリスクと責任を負います。

物件の所有者は、所持、処分、使用などのコンセプトを通じて権利を実現します。

所有権は、実際に(経済的に)所有している財産を所有する法的強制力のある機会です。

使用の力 - 使用する能力経済的目的のために、財産を利用し、財産から有用な財産を引き出すこと。プロパティの使用は、場合によってはプロパティの所有権に直接関連しています。プロパティを使用することは原則として実際にはそのプロパティのみを使用できるためです。

処分の権限は可能性を前提としているその所属、予定やステータス(契約の破壊、寄付、相続、販売など)を変更することで、物事の更なる運命の自己決意

財産権の概念と内容財産の概念に基づいています。それは様々な種類の財産(民間、州、地方自治体)に属することができます。州の財産は、連邦財産と連邦の特定の主題の財産に分かれています。

ロシアの国有財産は、連合の主題に属する財産である:領土、共和国、都市、地域、地区。これも含まれています 土地所有の概念。いかなる土地や天然資源でもない市民、地方自治体または法人の私有の所有権に入った場合、州の財産とみなされます。州の財産は、連邦法によってそのように認識された土地である。州の財産を土地に描写する際に州が受け取った所有権。ロシア連邦は民法に基づいてこれを取得した。

それは区別する必要があります 主題および所有権の対象。この権利の主題は所有者です不動産 - 個人、法人(所有者によって資金提供される単一の企業および機関を除く)、地方自治体および州の団体。

財産権の対象は、プロパティの複合体、建物、ビジネス、鉱業リース、材料、土地、設備、施設、資金、材料、有価証券、民生用、産業用、文化的、社会的及びその他の目的の任意のプロパティ、創造的で知的な仕事の製品。

</ p>