将来のお母さんは誕生を楽しみにしていますあなたの子供。妊娠中に心配する主なことは、赤ちゃんが健康で誕生したことです。したがって、彼らの健康人に最も無関心であっても、それを慎重に監視し始める。結局のところ、母親が苦しんでいる病気が子供の健康に影響を与える可能性があることは誰のための秘密ではありません。第2期の最も寒い日は最も危険であると考えられます。それはなぜそうですか?今度はそれを理解します。

第2期

この妊娠期間は、13〜24週間で、胎児の正しい発達にとって最も重要な段階と考えられている。第2妊娠では、内臓が子供の中で形成し始める。この期間の中期においてのみ、胎盤は胎盤障壁による感染から完全に保護される。

第2期の妊娠中の体温

女性は、原則として、現時点では楽しむ彼の立場。毒性と頭痛がなくなり、胃はまだ不快感を引き起こすほど大きくはありません。しかし、第2妊娠中に女性の身体に起こる変化は気付かれず、温度の形で現れることがあります。

37° - 第2トリメスターの妊娠中の体温:特徴

常温人体は36.6℃である。脳の特別な部門は、それを維持し、変更する責任があります。炎症プロセスにおいて、シグナルを受信する。その後、温度が変化し始めます。

しかし、炎症だけでなく、プロゲステロンのレベル。後者は妊娠中に上昇し始める。したがって、第2妊娠の女性に症状のない37°の温度は懸念の原因ではない。しかし、増加が不快感を引き起こす場合、妊婦は確実に専門家の助言を求めるべきである。

温度上昇の原因

最も一般的なのは風邪です。第2期の胎児は胎盤の保護下にあるという事実にもかかわらず、ウイルス性疾患の発症および進行は不可逆的な結果をもたらす可能性がある。

体内で起こる炎症過程妊婦は、胎児の酸素飢餓と赤ちゃんの早産を引き起こす可能性があります。この時点で、胎児は神経系を形成し始め、あらゆる感​​染がこの過程に影響する可能性があります。結果として、子供は非常に緊張し、不安定になります。最も脆弱な瞬間は、胎児神経管がちょうど形成し始めている23週間です。

女性の症状がない温度37

妊娠中、女性の免疫大幅に低減される。結局のところ、未来の母親の生物は異物として胎児を知覚し、免疫が同じままであれば、胎児の卵と落ち着く機会は単に存在しないだろう。これに関して、赤ちゃんを産む期間の女性は非常に脆弱になります。

妊娠中は体温が37度を超えているため医者に電話するのがよい理由です。 ARIおよびARVIは、身体からの水分の排泄の増加を伴う。これが時間内に止まらなければ、流産が起こるかもしれません。

また、頻繁な原因は感染症です。第2妊娠では、腎臓への負担が大幅に増加します。したがって、感染の身体に入る可能性が増します。

子宮外妊娠も別の理由です

子宮外妊娠はまた、通常、体温の上昇を伴う。このような診断は、通常、妊娠の早い時期に行われる。

しかし、それ以上の試験を受けるのが良いです。結局のところ、温度を上げると体内に感染することがよくあります。体を傷つけないためには、安全である方が良いです。

過熱による温度

第2期の妊娠が夏になると、この原因は基本的になり得る。女性の症状がない37°の温度は、しばしば過熱に関連している。この理由に対処するには、非常にシンプルなので、大勢の人、邪魔な部屋を避け、常に夏に通りに出て、帽子をかぶってから、まだ水のボトルを持って来る必要があります。

どのように温度を下げる?

温度が37℃を超えない場合は、必ずしも必要ではありません。生物はそれだけでそれを克服することができます、それはちょうど時間が必要です。 37度(第2妊娠時の妊娠中の体温)も例外ではありません。体温計の印が37,8°Cになると、与えられた病気との闘いが始まります。

しかし、この状況でアイドル状態を維持することは、それが必要です。結局のところ、体はあなたに信号を与えます。主なことは、妊娠中の多くの薬物や薬草の使用は禁忌であることを覚えておくことです。したがって、ほとんどの妊娠中の母親に質問されています:「妊娠中に体温が37℃上昇したという事実をどうやって取り除くか?この状況で何をすべきか?

妊娠37才以上の体温

まず、まず必要なのは、部屋を換気する。その後、暖かい液体の消費量を増やす必要があります。果物と果実のコンポートとハーブの煎じ薬は、禁忌でない限り、発汗を増加させ、温度を下げるのに役立ちます。

何ができないのですか?

多くの女性が着用する必要があると思います暖かい羊毛の靴下と羽毛布団の下に横たわって、またはそれ以上に - 足がついたままになるのが適切です。これが主なエラーです。これらのアクションは温度を上昇させるだけなので。そして、一般的に、妊婦の足元には、健康状態でさえも禁じられています。

妊娠中のラズベリーと紅茶

胎児のための破壊的な可能性がありますアルコールで多くの拭き取り習慣がある。この方法は実際に温度を下げるのに役立ちます。しかし、妊娠がそれに値するものではないとき。ウォッカやアルコール溶液に含まれる有害な物質や不純物は、女性の体に浸透し、胎児の発育に影響を与える可能性があります。

準備

37°(妊娠中の体温妊娠中止)だけでなく、成長を開始し、解熱薬を服用する必要があります。子どもを運ぶときにはパラセタモールが1つありますが、1日に1錠以上は必要ありません。

第2期の寒さ

「Analgin」、「Aspirin」、「Nurofen」の錠剤妊娠は禁忌です。なぜ?薬「アスピリン」は、子宮出血を引き起こし、流産を引き起こす可能性があります。 「Analgin」錠剤の受容は、胎児心臓血管系の形成を妨害する。そして、薬物「Nurofen」は、子宮のサイズを縮小するのに役立ちます。そして、これは早産や胎児死につながる可能性があります。

民俗法

妊娠中に体温が上昇するとまだウイルス性疾患のためであり、女性の興味深い状況の結果ではない、それは伝統的な医学の助けを借りてそれを戦うことが最善です。

鼻水が胎児の酸素不足につながります。 強い咳は酸素飢餓の原因となるだけでなく、子宮を調子に導く。そして、これは子供にとっても非常に有害です。鼻薬や他の薬は状況を悪化させるだけですが、何もすることはできません。ここでは、救助祖母のレシピに来てください。

これらには、

  • 豊富な飲み物。 例えば、ライム煎じ薬、コンポートまたはフルーツローズ小麦、妊娠中のラズベリーティー。最後の飲み物は非常に効果的な治療法です。主なものは、ベリーは熱処理を受けてはならないということです。結局のところ、それはすべてのプロパティを失うでしょう。それが新しく凍っているか、それともそれ自身のジュースであれば、より良いことです。

週23

  • コールド圧縮。
  • 喉をすすぐ。これには多くのレシピがあります。 したがって、誰もが自分自身にとってより便利な選択肢を選ぶことができます。例えば:カモミール、ソーダ、ハチミツの注入(これは、ソーダとハチミツのティースプーンは温水のガラスで希釈されます)、生理食塩水(水のガラス - 海塩のティースプーン)です。
  • 鼻咽頭を生理食塩水ですすいでください。 1リットルの温かい水のために - 一杯の塩、調理済みまたは海。

ヒント

最も重要なことは、あなたの足に病気を負うことができないことです。 ベッドレストを必ず観察してください。あなたはその瞬間を楽しんで楽しむことについて考える必要があります。暖かい毛布で覆われた、妊娠時にラズベリーでお茶を飲む。もっと休む結局のところ、赤ちゃんが世界に登場すると、そんなにうそをつくことはできません。

ただし、使用する前に必ずしも重要ではないことを意味します。事前に専門医に相談する必要があります。最も一般的なハーブコレクションでさえ、胎児のさらなる発達に影響を及ぼす可能性があるため。

妊娠37時の温度

次の点を強調する価値があります。 女子を待っている女性には、第2妊娠時の健康に特に注意を払う必要があります。それがこの期間中であるので、卵の形成。まだ23週間前に来ておらず、未来の母親の体に感染していれば、不妊症の児を脅かす可能性があります。この場合、適切な治療を処方できるように、すぐに医師に連絡する必要があります。

結論

赤ん坊を期待している女性は縛られていますそれに関わるすべての責任を認識すること。今彼女は彼女自身のためだけでなく、将来の子供のためにも責任があります。 37°(第2妊娠中の妊娠中の体温)には何の追加症状もなく、それらは標準であるが、注意を払わずに放置してはならない。結局のところ、状況のすべての女性は特別なアプローチが必要です。あるもののための基準は何であるのか、別のものは子供の病理を引き起こす可能性があるからです。

</ p>