夏は終わりを迎え、それが終わり、私たちの子供の気晴らしの時間。再び学校、幼稚園、そして残念なことに、それは次々に続くウイルス性疾患の時期です。非常に多くの両親がこのような問題に直面しています。なぜこれが起こるのですか?一緒に考えてみましょう。

しばしば病気の子供たち

まず、どの子供「しばしば病気の子供たち」というグループに運ぶ。医学的観点から、分類は以下の通りである:1歳未満の乳児、1年に4回以上のARIに罹患した子供、1〜3歳の子供、年に6回以上苦しむ、3〜5歳の年齢ではインフルエンザ5年齢が5歳以上になった子供は12ヶ月で4回以上病気にならないはずです。

しかし、それは別の要因に注意を払う価値がある - 病気の期間。頻繁に病気の子供は、2週間以上寒い症状に苦しむ人々です。そして全身の病気から全期間を通して、1つまたは2つの要因、すなわち鼻水または咳が現われることがあり、これは治療するのが非常に困難である。

なぜしばしば子供は病気ですか
長期間に渡って体温が上昇した場合、これは身体に感染があることを示しているため、治療を専門医に遅らせることは価値がありません。

私がしばしば病気になる理由についての質問に答えます子どもは、誰もが不在時には、あなたは研究や少なくとも詳細な検査が必要です。しかし、ほとんどの場合、これは免疫力の低下または弱体化の原因です。幼児にとって、母乳は強い免疫系の形成に不可欠な成分です。子供が早過ぎると、潜伏期間を通して子宮内で免疫の一部が形成されるため、「しばしば病気の子供」のグループに入る危険性が数回増加します。副作用には、さまざまなウィルスや腸の病気、抗生物質やその他の強力な薬剤、慢性疾患の存在、免疫系の一部の侵害、不均衡な食事やストレスの多い状況などがあります。

しばしば病気の子供の療養所

あなたの子供がどのように「強く」なるのを助けることができますか? 当初、子供が子宮にいるときでさえ、子供の健康を世話する価値があります。腸内の問題の出現を排除するには、専門医に相談し、特殊な薬を使用して予防コースをとることが望ましい.3歳になるとマルチビタミン複合体の服用を開始する。必要な予防接種を避ける必要はありません。バランスのとれた食生活を確立し、強化し、毎日散歩の時間を見つける必要があります。家に病気の子供がいる場合、衛生状態は重要な条件です。 Sanatorium - 一般的な状態を修正し、免疫力を弱めるオプションとして。さらに、このような機関は、子どもの身体の回復と強化のための最適な条件をすべて観察するための幅広い措置を講じています。

</ p>